阿武のみどころ

地図を詳しくみる際には、左右のスクロールと+−のスクロールをご利用下さいませ。


より大きな地図で 阿武のみどころ を表示

No みどころ写真 みどころ名称・内容
1 男鹿島・女鹿島 男鹿島・女鹿島
奈古湾に浮かぶ大小2つの島。細川幽斉(藤孝)が天正15年に「皆人の命ながとゝたのめども世はかり嶋の浪のうたかた」と 旅に日記を詠んだことでも有名。
男鹿島には、鹿島明神、恵比寿様、住吉様を祭る鹿島神社があります。
2 長沢の池 長沢の池
文武を兼ね備えた中国随一の名将として知られた益田越中守元祥が、 慶長7年(1602)、領内に不毛の地があるのを嘆き、水田開発のため、灌漑用水地を築いたものです。
3 鶴ヶ嶺八幡宮 鶴ヶ嶺八幡宮
仲哀天皇、神宮皇后、応神天皇、比売大神を祭神としています。
境内には、県の天然記念物、クスノキをはじめとし、樹齢300年余りを経た大杉や大松がそそりたち、森厳な雰囲気を漂わせています。
4 御山神社 御山神社
御山神社境内にある経塚は、史跡として県の指定をうけています。
経筒をはじめ、平安時代末期の埋納品が、ほぼまとまった形で発見され、歴史的価値のあるものです。
5 法積寺 法積寺
法積寺本堂は、正面の御拝口が取り除かれ、男女別の入り口が設けられているめずらしいものです。 境内の20余種を数える花蓮の中には天然記念物もあり、県内では蓮寺としても有名です。
6 たたら遺跡 たたら遺跡
白須で藩営のたたら(踏鞴)の遺跡が発掘調査され、製鉄場、 事務所、鉄塊の冷却場、鍛冶屋、人足小屋などの状況が明らかにされ、今は緑につつまれています。 国の史跡に指定されています。
7 大覚寺・尼子義久の墓 大覚寺・尼子義久の墓
奈古の東に位置し、僧永満が長久3年(1042)に開基したといわれています。 境内のビャクシン(白杉)巨樹は県下最大で、県の天然記念物に指定されています。
又、大覚寺には戦国の世、毛利軍門に降った尼子氏の孫、尼子義久の墓があります。
8 清ヶ浜海水浴場 清ヶ浜海水浴場
白砂の海岸が約2km続き、水と砂の美しさは県下有数といえます。
夏には、大勢の海水浴客や、キャンプ客で賑わいます。キュッ、キュッと鳴くような音は発する鳴き砂が残っています。浜の西のはずれには遠岳キャンプ場もあり、海水浴とキャンプを楽しむこともできます。
9 道の駅阿武町 道の駅阿武町
日本海を走る国道191号線沿いに設置された「道の駅阿武町」は、 町の玄関口として新鮮な農林水産物や特産品の直売所を始め、 公衆トイレ、食堂、日本海温泉鹿島の湯、温水プール等があり、 ドライブの休憩所、情報発信基地、交流・憩いの場として広く利用されています。
10 山口県外海第2栽培漁業センター 山口県外海第2栽培漁業センター
つくり育てる漁業の一層の充実を目指して、マダイ、クロダイ、カサゴ、アワビの種苗が生産されています。 日祝日を除けば見学は随時可能です。(団体は要予約)
11 JR惣郷鉄橋 JR惣郷鉄橋
昭和7年に完成。全長189m、鉄筋コンクリート4柱ラーメンスラブ式の堅牢で美しい鉄道橋で、カメラマニアの恰好のシャッターポイントです。
12 宇田八幡宮 宇田八幡宮
旧は石田山八幡宮と呼ばれ、寿永4年(1185)に豊前国宇佐八幡宮より勧請したと伝えられます。 今はありませんが、県下最大のクロマツがあったところで知られています。
13 遠岳キャンプ場 遠岳キャンプ場
清ヶ浜に隣接するキャンプ場。炊事棟、シャワー、トイレ完備。 ここから伸びる遊歩道を登れば、日本海の眺めが楽しめます。 利用料金:100円/人
15 無角和種繁殖センター 無角和種繁殖センター
日本でも山口県にしか飼育されない無角和牛が一貫生産されています。 県内でも300頭と大変貴重な牛でヘルシーな赤身肉が特徴になっています。
15 佐々木小次郎の墓 佐々木小次郎の墓
阿武町大字福田下に真言宗・正法寺という古寺がありました。
巌流島の決闘で敗れた佐々木小次郎の妻ユキは、キリシタンの信者でした。 当時懐妊中のユキは、小次郎の遺髪を抱き、折柄厳しいキリスト教の禁令により多くの信者とともに山陰の地に安全な居所を求めました。 ユキは、この地の正法寺に身を寄せ剃髪して尼となり、夫・小次郎の冥福を祈り菩提を弔うために墓を建て、 その墓のすぐ下のお堂というか庵で一生を終えたといわれています。
わが子に対する因果応報の絆を断ち切るために、小次郎の名を「古志らう」と変えて墓に記したとの言い伝えがあります。